トイレ詰まりのほとんどは自力で解決できます

トイレ詰まりの原因は何か?

トイレ詰まりの原因のほとんどは、便、トイレットペーパー、トイレの老朽化、流してはいけないものを流してしまったといったところです。便秘気味で久しぶりに出た便が硬くて巨大だったりすると、詰まってしまうことはよくありますよね。また、いくら水に溶けるとはいっても、トイレットペーパーを大量に使うと、瞬時に溶けるわけではないので、詰まってしまうことがあります。築浅の建物に住んでいても、長く住んでいるとトイレが詰まりやすくなることがありますが、これは配管の周囲に尿石がこびりついて詰まりやすくなるというものです。流してはいけないものを流してしまうこととしては、水に溶けないティッシュペーパーが代表的ですね。また、赤ちゃんがいる場合、紙おむつやお尻拭きを流してしまうことも多いようです。原則として水に溶けるトイレットペーパー以外は流さないのは、世界のトイレの常識なので、必ず守りましょう。家庭でのトイレ詰まりのほとんどはこうしたことで起こるのです。

家庭でのトイレ詰まりはほとんどが自力で解決できます

家庭でのトイレ詰まりを解決するのはそれほど難しくなく、たいていのケースが身の回りにあるもので解決することができます。まず、便が大きいとかトイレットペーパーの使い過ぎといった原因がはっきりしているものは、そのまま放置しておいても、便がふやけていずれ流れて行ったり、ペーパーも最終的には溶けてしまうので、流れて行きます。しかし、そんなもの待っていられないという場合は、バケツ一杯の水を用意しましょう。できれば風呂の残り湯の方がいいのですが、これを排水口めがけて流すのです。1回でダメなら、2回、3回と繰り返してみてください。便やペーパーの詰まりなどはこれで解決できることが多いものです。

それでも詰まったままならラバーカップを使いましょう

バケツの水で流れない場合、あるいはティッシュペーパーを流してしまったような場合は、ラバーカップ、通称「すっぽん」あるいは「ぱっこん」の出番となります。ラバーカップはホームセンターなどで売っているので、家庭に常備しておいた方がいいでしょう。洋式便所と和式便所では形状が違っていて、洋式用は先端が筒状になっています。和式用は半球状のものです。最近は和式用のものはあまり売っていないことが多いようです。使い方は先端を排水口に合わせ、ゆっくり押し、そして勢いよく引っ張ります。あまり豪快にやると汚水がはねて体や壁にかかるので、おとなしくやりましょう。これを数回繰り返せば、ほとんどの詰まりは解決します。このように、トイレの詰まりは基本的に家庭であるものを使って解決できるケースがほとんどなのです。

水道工事を依頼する場合の注意事項は、地元の業者に依頼するとアフターケアも安心です。地元業者はその地元のあるので、何かあった場合も安心です。