太陽光発電はどうなの?その費用や特徴について

電気代が節約できる!

現在、化石燃料の使用を抑えて地球温暖化を防止する取り組みが、世界中で盛んになっています。太陽光発電はその中でも効率的にエネルギーを確保できる仕組みであり、太陽がある限り発電が可能なので比較的メジャーです。家の屋根に取り付けているのを見かけたことのある方もいることでしょう。太陽光発電によって得られた電気は、使うだけでなく電力会社が買取をしてくれるので、結果的に電気代を抑えることが可能です。そのため、今後も利用拡大が見込まれます。

太陽光発電を設置するコストは?

太陽光発電装置を設置するのにどれくらいのコストがかかるのか、気になる方もいるでしょう。これは、設置するパネルの大きさや業者によって異なってきます。ただし大まかな目安はあり、発電量が1キロワットあたりで40万円ほどです。そして、家庭用の太陽光パネルは5キロワットが平均容量ですから、200万円ほどのコストがかかるということになります。一見高額に思えますが、その分電気代が安くなります。そのため、設置してから10年ほどで、投資費用を回収することが可能です。

設置を検討している方は業者と相談を!

はじめから発電装置を設置するのであれば問題はないのですが、後から設置する場合には注意が必要です。それは、場合によっては太陽光発電装置を設置してもうまく発電ができない場合もある点です。太陽光発電は太陽の光が当たらないと発電ができません。つまり、家が影になる時間が多い所に建っていると、発電量は少なくなり、電気代を抑えられるというメリットを享受できなくなります。したがって、まずは設置業者と相談し、設置した場合にどの程度の発電が期待できるかを検討して、設置するかどうかを決めましょう。

太陽光発電事業を手がけている業者は増加していますが、太陽光発電の価格はシステムや規模、業者によっても異なります。そのため、自宅に太陽光発電を設置する際には、しっかりと比較・検討をすることが大事です。