著名なものだけではなく実は多種多様である代理店の業種とは?

代理店の業種というのは実に多種多様なもの

代理店というのは、おおざっぱに言ってしまえば、様々な業務の代行を行うという業種であることから、その種類も実に多様なものとなっているのです。代理店といえば、自動車の販売代理店や、テレビやラジオ、新聞の広告などを一定に扱っている広告代理店、外国企業の商品の輸入販売を一手に行っている輸入代理店、といった事業を行っている著名な会社があるために、とかくこうしたものがすぐに思い浮かんでしまうでしょうが、こうしたものだけが代理店というわけではないのです。

フランチャイズの店舗も代理店の一種である

コンビニやコーヒーショップ、ファミリーレストランにカフェレストラン、ドラッグストア、といったものは、今ではすっかりお馴染みのものとなっていますね。こうした店舗のほとんどが、フランチャイズのチェーン店として営業されているわけですが、こうしたフランチャイズチェーンの加盟店もまた、代理店の一種と言えるのです。このフランチャイズチェーンは、飲食業を主として、今ではそれこそありとあらゆる業種にわたって、展開されているわけです。

出店の目覚しいドラッグストアの内容とは?

ファミレスやコーヒーショップ、カフェレストランばかりではなく、飲食業界ではそれこそ、焼肉チェーンや居酒屋チェーン、回転寿司チェーンにラーメン店、日本蕎麦と、フランチャイズでないものはない、というくらいの盛況ぶりなのですが、最近では、特に出店が目覚しいと言えるものがドラッグストアでしょう。このドラッグストアチェーンの店舗には、本来の医薬品だけではなく、清涼飲料やインスタント食品、お菓子といったものまでが置かれていて、何やらコンビニ的な要素まで加わったお店、となっているのですが。

代理店とは本人の代わりに取引の代理を行う店や企業のことを言います。すぐに販売することができることやリスクが少ないことなどメリットも多いです。