代理店にはどんなジャンルがあって、どんな仕事をしているのか?

代理店とはどんなことを行っているのか?

代理店というのは、ひとことで行ってしまえば、何らかの業務の代行業なのですが、その代表的なものとして、自動車の販売代理店、テレビやラジオのCMや新聞広告などを一手に扱っている広告代理店、また、外国企業の製品を輸入販売している代理店といったものがあります。では、こうした代理店というものは、実際にはどんなことを行っているのでしょうか?このことを、自動車の販売代理店、広告代理店、外国企業製品の輸入販売代理店について、具体的に観てみましょう。

自動車の販売代理店とはどんなところ?

自動車の販売代理店というのは、大手の自動車メーカーが製造している車を、そのメーカーの営業活動を代行して販売しているというもので、全国的な販売網を擁しているようなところから、その地域でだけ営業している、というところまで大小様々なものがあります。また、大手自動車メーカーのグループ企業として、そのグループの名を冠した販売専門会社であるものもあれば、メーカーとは全く別個の企業であって、メーカーと代理店契約を結んでその販売代行を行っている、というものもあるわけです。さらには、自動車メーカーの一社とだけではなく、複数の自動車メーカーと代理店契約を結んでいて、複数のメーカーの車を販売している、という販売業者もありますし、その車種も、乗用車だけではなく、トラックやバス、さらにはブルドーザーやユンボといった建設用特殊車両を扱っているところもある、といった具合です。

広告代理店、外国製品の輸入販売代理店とは?

広告代理店というのは、テレビやラジオへのCMや、新聞広告などを出したい企業と、民放各局や新聞社などとを仲介して、CM放送や新聞広告などがスムースに流れるように取り仕切る、という仕事をしている専門会社です。企業にとっては、CMや広告といったものが不可欠であるために、この広告代理店という専門会社がなくてはならない存在、となっているわけなのですね。外国企業の輸入販売代理店というのは、外国企業と特約店契約を結んで、その会社の輸出製品を一手に輸入して販売する独占権を得ている商社、といったものです。しかし、その契約の内容によっては、完全独占ではないために、競合他社も輸入販売することができる、といった場合もあったりするわけなのですが。

新たに店舗を開業させる場合、代理店の募集に応募することで、開業から運営まで様々なサポートが受けられます。