これでトイレ詰まりしない!注意点をご紹介します!

知らずのうちに異物を流していませんか?

これは小さいお子さんがいらっしゃるご家庭で多いことなんですが、手に持っていたおもちゃを落としてしまって、それに気づかずに流してしまう。もしかしたら、いたずらでわざと流してしまうなんてこともあるかもしれませんね。いずれにしても異物を流してしまったら、早めに対処する必要がありますよ。そんな時は道具(ラバーカップ)を使用ましょう。対処が早ければ早いほど、自分で詰まりを解消することができます。もし対処が遅れたら、業者を呼ばないといけなくなるかもしれません。

トイレットペーパーのみを使用しましょう!

トイレにはトイレットペーパーだけを使うようにしましょう。同じ紙ならティッシュペーパーでもいいと思って使用してはいませんか。もしそうしている場合はすぐに使用をやめてください。トイレットペーパーで鼻をかんだことはありますか。水分を含むと紙がバラバラになりますよね。しかし、ティッシュペーパーは1時間以上も水に浸しておいても紙に変化がなんですよ。そんな性質なのでトイレに流してはいけないんです。最悪の場合、詰まってしまってトイレの水が逆流してしまいますよ。

トイレタンクには何もいれないようにしましょう!

今から少し前にトイレのタンクに水の入ったペットボトルを入れるということが流行りました。それは水かさが増えて節水になるからです。しかし、トイレには水量が決められています。自分で勝手に水量を変えることはトイレを詰まりやすくしてしまいます。ですから、もし今現在もタンクに入れている場合は速やかに取り出すことをおすすめしますよ。このことに対してはトイレメーカーも警鐘を鳴らしています。どうしても節水をしたいのならば節水型のトイレに変えましょうね。

水道修理をしたいなら、水道の専門業者に依頼をすることです。水道局指定の業者であれば、安心することができます。