システム開発とは顧客の要望するシステムを作成することである!

システム開発とはプログラミングのことではない!

システム開発とは受託開発とも言われているように、顧客の要望しているコンピューターシステムの開発を行うことです。世間一般によく誤解されていることは、システム開発とはプログラミングのことではない、ということです。プログラマーの中にもここのところを穿き違えていて、プログラミング作業自体が目的化してしまっている人がいたりしますが、プログラミングというのはあくまでもシステムを作るための手段なのであって、それ自体が目的ではないのです。

オリジナルソフトの作成とシステムの受託開発との違い

コンピューターソフトの開発会社には、システムの受託開発とオリジナルソフトの開発の両方を行っているところがあります。しかし、システムの受託開発とオリジナルソフトの開発とでは、その手法が全く違います。というのも、受託開発である場合には、あくまでも発注してきたお客の要望を満たすためのシステムを開発することが目的であるのに対して、オリジナルソフトの開発では、会社のオリジナル製品として販売されるソフトの開発が目的となるからです。

受託開発におけるプログラミングのあり方

オリジナルソフトは会社が独自開発するソフトであるため、プログラマーが技工を駆使して、当初の設計にはなかった機能を付け加える、といったこともできたりするわけです。しかし受託システムの開発である場合には、あくまでも顧客の要望を満たすためのシステム作りが目的であるために、プログラマーがその独自性を発揮して、システムの仕様を変えてしまうようなことは許されないのです。このために、システムの受託開発である場合には、あくまでもシステム設計に則ってのプログラム開発でなければならず、プログラム開発自体が目的化してしまってはならないのです。

notesのマイグレーションのメリットについては、コンピュータの取扱いに興味を持つ多くの消費者からの注目度が高まっています。