「システム屋」のキャリアパスについて:もっと理解して下さい

システム開発にもさまざまなステップがあります

システム開発は、いろいろなやり方がありますが、一般に「要件定義」→「外部仕様設計」→「内部仕様設計」→「プログラム設計」→「プログラミング」→「プログラムテスト」→「運用テスト」という段階を経て、システム稼働(運用開始)にやっとたどり着きます。そして運用が始まった後も、運用実績を積み重ねつつ、次のステップ(バージョン・アップ)に向けて、要改善点等のフィードバックを集めます。つまり、PDCAサイクルを回すということであり、システムが稼働しているあいだ中、このプロセスが無限に繰り返されます。

「システム屋」にもいろいろな人が居るのです

このPDCAサイクルは、(システムの規模にもよりますが)、ステップが変わるごとに、たくさんの人がさまざまな工程を担当するために出入りするのが通例です。いわゆる「システム屋」はただ黙って、コンピュータの前で難しい顔をしながら黙々とプログラミングを作り続ける人ばかりではありません。そのようなプログラマー集団を取りまとめるためのプロジェクトリーダーもいれば、はるか上流にさかのぼって要件定義を顧客相手に続けるアナリストもいます。もちろん、プログラマーの中のプログラマーともいうべき、特定の技術分野のスペシャリストも存在する訳です。

PCを当てがってさえいれば良いのではありません

システム開発要員として、企業に入った人は、最初は皆プログラマー的な仕事をやっているかもしれませんが、時と共に、個人の適性等に従って、彼らを取りまとめる管理職(プロジェクトリーダー)になったり、どんどん技術を極めてスペシャリストになったり、どんどん上流に対する志向を強めてシステムアナリストになったりします。システム屋の中にもいろいろな志向や適性を持った人が存在しており、それぞれ異なるキャリアパスを必要としているのです。それなのに、システム屋以外の人間は、「コンピュータ要員には、PCを1台あてがって、難しい技術用語を語らせておけば良い」と思っている方がいて、そういう方がたまたま上司になったりすると、大変残念なことになりがちです。

notesの受託開発を利用することで、自分たちの状況に合わせてアプリケーションの開発を行ってもらうことが可能です。